×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

古文自動翻訳研究センター 中学・高校の古文学習をパソコンにサポートさせようと試みるページ
サイト内検索  サイトマップ   文字サイズ変更方法
トップページオンラインヘルプトップ翻訳履歴
最終更新日 2010年01月30日 


 翻訳履歴

◆ 翻訳履歴とは
 古文翻訳装置では、過去に翻訳したことのある文章を履歴として保存しています。 一度翻訳した文章は、テキストファイルとして出力され、ユーザーデータフォルダに保存されています。 翻訳した文章を誤って削除してしまった場合でも、この履歴を見れば、削除してしまった文章が残っている可能性がございます。 また、この翻訳履歴を、メール等で当センターまでお送りいただければ、誤訳の修正や未登録単語の登録によって、 次期古文翻訳装置の性能向上に役立てさせていただきます。

◆ 履歴を見る
 古文翻訳装置のメニューバーの「ファイル(F)」にあります「履歴表示」を クリックしてください。直近の履歴が表示されます。履歴はテキスト形式で保存されていますので、テキスト形式が 関連づけられているエディターによって表示されます。通常の場合はメモ帳が起動します。履歴は約100KB(≒10万字)毎に 分割されております。さらに過去の履歴を表示する場合は、古文翻訳装置のフォルダ内にある「ユーザーデータ」フォルダ を直接開いていただき、その中にあるファイルを御覧下さい。

◆ 履歴を保存しないようにする
 翻訳履歴を保存しないようにすることも可能です。 設定画面を開いていただき、「動作」タブの中にある「翻訳履歴保存」のチェックを外してください。

◆ 履歴を削除する
 今までに保存した履歴を削除するには、古文翻訳装置のメニューバーの「ファイル(F)」にあります「履歴削除」を クリックしてください。一部の履歴のみを削除したい場合は、古文翻訳装置のフォルダ内にある「ユーザーデータ」フォルダ を直接開いていただき、その中にあるファイルのうち、削除したいファイルのみを削除してください。

◆ 情報早見表
  トップページ
  このサイトに関して
  オンラインヘルプ
  ダウンロード
  古文情報局
  開発者ブログ
  その他コンテンツ
  リンク


利用規約   推奨環境   個人情報保護   お問い合わせ トップページへ   最上へ

制作:古文自動翻訳研究センター