×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

古文自動翻訳研究センター 中学・高校の古文学習をパソコンにサポートさせようと試みるページ
サイト内検索  サイトマップ   文字サイズ変更方法
トップページ古文情報局古文原文集宇治拾遺物語
最終更新日 2008年10月20日 


 宇治拾遺物語

◆ 宇治拾遺物語 検非違使忠明

 今は昔、忠明といふ検非違使ありけり。それが若かりけるとき、清水の橋のもとにて、京童部どもといさかひをしけり。京童部手ごとに刀を抜きて、忠明をたち込めて、殺さむとしければ、忠明も太刀を抜きて、御堂ざまに上るに、御堂の東のつまにも、あまた立ちて向かひ合ひたれば、内へ逃げて、蔀のもとをわきに挟みて、前の谷へ踊り落つ。蔀、風にしぶかれて、谷の底に鳥のゐるやうに、やをら落ちにければ、それより逃げて往にけり。京童部ども谷を見下ろして、あさましがり、立ち並みて見けれども、すべきやうもなくて、やみにけりとなむ。

戻る   現代語訳・品詞分解は古文翻訳装置でどうぞ



◆ 情報早見表
  トップページ
  このサイトに関して
  オンラインヘルプ
  ダウンロード
  古文情報局
  開発者ブログ
  その他コンテンツ
  リンク


利用規約   推奨環境   個人情報保護   お問い合わせ トップページへ   最上へ

制作:古文自動翻訳研究センター