×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

古文自動翻訳研究センター 中学・高校の古文学習をパソコンにサポートさせようと試みるページ
サイト内検索  サイトマップ   文字サイズ変更方法
トップページ古文情報局古文原文集土佐日記
最終更新日 2008年10月20日 


 土佐日記

◆ 門出

 男もすなる日記といふ物を、女もしてみむとてするなり。 それの年のしはすの二十日あまり一日の戌の時に門出す。 そのよしいささかものに書きつく。
 ある人、縣の四年五年はてて、例のことども皆しをへて、 解由など取りて住むたちより出でて船に乗るべき所へわたる。 かれこれ知る知らぬおくりす。 年ごろよく具しつる人々なむわかれ難く思ひて、 その日頻にとかくしつつののしるうちに夜更けぬ。
 廿二日、和泉の國までとたひらかに願立つ。 藤原のときざね船路なれど馬の餞す。 上中下ながら酔ひ過ぎていと怪しくしほ海のほとりにてあざれあへり。
 二十三日。八木のやすのりといふ人あり。この人、国にかならずしもいひつかふものにもあらざなり。 これぞ、たたはしきやうにて、馬の餞したる。 守からにやあらむ、国人の心の常として、「いまは。」とてみえざなるを、心ある者は、 恥ぢずになむ来ける。これは、ものによりてほむるにしもあらず。 二十四日。講師、馬の餞しにいでませり。ありとある上下童まで酔ひしれて、 一文字をだに知らぬ者しが、足は十文字に踏みてぞ遊ぶ。

戻る   現代語訳・品詞分解は古文翻訳装置でどうぞ



◆ 情報早見表
  トップページ
  このサイトに関して
  オンラインヘルプ
  ダウンロード
  古文情報局
  開発者ブログ
  その他コンテンツ
  リンク


利用規約   推奨環境   個人情報保護   お問い合わせ トップページへ   最上へ

制作:古文自動翻訳研究センター