×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

古文自動翻訳研究センター 中学・高校の古文学習をパソコンにサポートさせようと試みるページ
サイト内検索  サイトマップ   文字サイズ変更方法
トップページ古文情報局古文原文集古今著聞集
最終更新日 2008年10月20日 


 古今著聞集

◆ 豊前の国の住人太郎入道…

 豊前の国の住人太郎入道といふ者ありけり。 をとこなりけるとき、常に猿を射けり。 ある日、山を過ぐるに、大猿ありければ、木に追ひ登せて射たりけるほどに、かせぎに射てけり。 すでに木より落ちむとしけるが、何とやらむ物を木のまたに置くやうにするを見れば、子猿なりけり。 おのが傷を負ひて土に落ちむとすれば、子猿を負ひたるを助けむとて、木のまたに据ゑむとしけるなり。 子猿はまた、母につきて離れじとしけり。かくたびたびすれども、なほ子猿取りつきければ、もろともに地に落ちにけり。 それより長く猿を射ることをばとどめてけり。

戻る   現代語訳・品詞分解は古文翻訳装置でどうぞ



◆ 情報早見表
  トップページ
  このサイトに関して
  オンラインヘルプ
  ダウンロード
  古文情報局
  開発者ブログ
  その他コンテンツ
  リンク


利用規約   推奨環境   個人情報保護   お問い合わせ トップページへ   最上へ

制作:古文自動翻訳研究センター