古文自動翻訳研究センター 中学・高校の古文学習をパソコンにサポートさせようと試みるページ
サイト内検索  サイトマップ   文字サイズ変更方法
トップページ古文情報局古文原文集十訓抄
最終更新日 2009年11月01日 


 十訓抄

◆ 十訓抄とは

 十訓抄は、「じっきんしょう」もしくは「じっくんしょう」と読み、鎌倉時代中期に書かれた説話集である。 人が生きる上で大切にしなければならないことを10個の項目に分けて、それぞれ説話を引き合いに出して説く内容である。

戻る  

◆ 和泉式部、保昌が妻にて…

 和泉式部、保昌が妻にて、丹後へ下りける後に、京に歌合ありけるに、 小式部内侍、歌詠みにとられて歌を詠みけるを、定頼中納言、 たはぶれて、小式部内侍、局にありけるに、「丹後へ遣はしける人は参りたりや。 いかに心許なく思すらん。」と言ひて、局の前を過ぎられけるを、御簾より半らばかり出でて、 わづかに直衣の袖を控えて、

 大江山いくのの道も遠ければまだふみもみず天橋立

と読みかけけり。思はずにあさましくて、「こはいかに、かかるやうやはある。」 とばかり言ひて、返歌にも及ばず、袖を引き放ちて逃げられけり。小式部、これより、 歌詠みの世におぼえ出で来にけり。これはうちまかせて、理運のことなれども、彼の卿の心には、 これほどの歌、ただいま詠み出だすべしとは知られざりけるにや。

戻る   現代語訳・品詞分解は古文翻訳装置でどうぞ



◆ 情報早見表
  トップページ
  このサイトに関して
  オンラインヘルプ
  ダウンロード
  古文情報局
  開発者ブログ
  その他コンテンツ
  リンク

◆ 広告




利用規約   推奨環境   個人情報保護   お問い合わせ トップページへ   最上へ

制作:古文自動翻訳研究センター